ベトナム国家主席:経済再建で低成長やむを得ず-最低5%を

ベトナムのサン国家主席は、経済再 建の間、同国は「低い」成長率を受け入れる必要があり、最低で5%の 年間成長率を目指すべきだとの認識を示した。

サン主席は21日の国営ベトナム通信(VNA)とのインタビュー で、成長率が5%を下回れば「危険水域」に入り、高失業率につながる と警告。ベトナムは徐々に成長率を7-8%に押し上げ、マクロ経済の 安定を図るべきだと述べた。ただ、具体的な時間軸には触れなかった。

ベトナム経済は2012年に13年ぶりの低成長となった。銀行融資の落 ち込みが内需を損ない、金融システムの改革と一段の外資誘致を政府に 求める圧力が強まっている。昨年の国内総生産(GDP)伸び率 は5.03%と、11年の5.89%を下回った。

原題:Vietnam’s Sang Says Low Growth Required During Restructuring (1)(抜粋)

--取材協力:Jason Folkmanis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE