米国:アルジェ人質事件でアルカイダ関与の印-国防総省報道官

米国防総省のジョージ・リトル報道 官は、アルジェリアの天然ガス関連施設で起きた人質事件について、国 際テロ組織アルカイダ系「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ (AQIM)」の関与が疑われるとの見解を示した。

リトル報道官は22日、「テロリストによるこの種の攻撃がアフリカ 北部で起きた場合、真っ先に関与を疑うべきなのはAQIMだ」と指摘 した。

その上で「アルカイダが今回のアルジェリアでの襲撃に絡んでいた 可能性は濃厚だ」と語った。米国がそうした見方を支持せざるを得ない ような具体的な証拠については言及しなかった。

原題:U.S. Sees Strong Signs of Al Qaeda Role in Algeria, Little Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE