NY原油先物時間外:4カ月ぶり高値近辺-独景況感が急上昇

ニューヨーク原油先物相場は23日の 時間外取引で4カ月ぶりの高値近辺で推移。ドイツの景況感指数が急上 昇したことや米議会が債務上限問題の先送り案の投票に向かっているこ とが好感された。

原油先物相場は小動き。前日の通常取引は0.7%上昇した。ドイツ の欧州経済研究センター(ZEW)が発表した1月の期待指数は31.5に 上昇し、2010年5月以来の高水準となった。オバマ米政権は、下院が債 務上限の期限を5月中旬まで先送りする法案を23日に採決する動きを歓 迎した。米エネルギー省が24日に発表する先週の原油在庫は、ブルーム バーグ・ニュースの調査だと250万バレルの増加が予想されている。

原油先物3月限はシドニー時間午前11時6分(日本時間同9時6 分)現在、15セント高の1バレル当たり96.83ドルを付けた。全限月の 平均取引高は100日間平均を23%下回った。22日に納会を迎えた2月限 の終値は96.24ドルで、終値としては昨年9月17日以来の高値だった。

原題:Oil Trades Near Four-Month High as German Confidence Increases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE