米財政協議での対立が世界経済の最大の脅威-BN調査

世界の投資家は米国の財政状況が世 界経済の最大のリスクだと判断していることがブルームバーグの世論調 査で明らかになった。回答者の約半数は財政協議の対立継続が必至な状 況を受けて、投資を抑制していると回答した。

数週間以内に連邦債務が法定上限に達するとみられる中、回答者 の36%が世界経済への最大のリスクとして米財政問題を挙げた。欧州債 務危機としたのは29%、中国の景気減速は15%だった。同四半期調査 は17日に投資家、アナリスト、トレーダーなどブルームバーグの顧客を 対象に実施された。

JFアセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、ハワー ド・ワン氏は、「民主、共和両党が互いに歩み寄って合意しない限り、 米国の財政状況は立て続けに潜在的危機を引き起こす」と分析。「政治 が悪ければ好景気を相殺しかねない」と指摘した。

同調査では、財政をめぐる党派対立が繰り返されていることから米 金融市場への投資を控えているとした回答が47%を占めた。そのうち、 通常の状況なら投資を増やしていたはずだとした回答は39%、積極的に 資産を売却しているとの回答は8%だった。

調査はブルームバーグの委託によりセルザー(アイオワ州)が921 人を対象に実施。誤差率はプラスマイナス3.2ポイント。

原題:Budget Discord in U.S. Is Top Threat to Global Economy in Poll(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE