債券先物は反落、輪番オペ弱めで中期債安い-入札前でも超長期に買い

債券先物相場は反落。日本銀行が実 施した国債買い入れ輪番オペの結果が弱めとなり、2年など中期ゾーン が安くなった。半面、20年債入札の前日にもかかわらず、超長期債は買 いが優勢の展開となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。