スペイン、シ団方式で10年債70億ユーロ発行-年間の13%達成

スペイン政府は22日、10年物国債70 億ユーロ(約8200億円)相当をシンジケート方式で発行した。これによ り、今年の発行予定の約13%を1月中に消化する見込みだ。

経済省が22日遅くに発表したところによると、1月の発行高は270 億ユーロとなる見通し。発行高は証券入札の最終結果に左右される。通 年での目標は短期証券と中長期国債を合わせて2150億-2300億ユーロ。

銀行団を通じて募集した10年国債の新指標銘柄は、外国人投資家 が60%以上を引き受けた。約25%を英国、17%をユーロ圏諸国、7%を 北欧諸国、3%を中東、3%を米国の投資家が購入した。

2023年1月31日償還の同銘柄のクーポンは5.4%、利回りはスワッ プレートに365ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上乗せし、平 均5.403%となった。昨年12月5日の10年債入札での落札利回り は5.290%だった。今回の応募は約227億ユーロで、350以上の投資家が 参加した。

原題:Spain Says It May Cover Around 13% of 2013 Funding in January(抜粋)

--取材協力:Levent Kucukreisoglu、Jeevan Jyothyprakash.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE