日銀は2%目標掲げるも、事実上ゼロ回答-「面従腹背」で市場は失望

日本銀行は2%の物価目標を掲げる とともに、期限を定めない資産買い入れ方式を導入した。金融市場では 決定直後に円安・株高に振れる場面もあったが、2%を実現させる上で 実効性に乏しい追加緩和の内容に対し、失望感が台頭。23日の東京市場 では円高・株安になっている。エコノミストの間からは、事実上、日銀 のゼロ回答であり、政府に対する面従腹背との指摘も出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。