JPモルガンCEO:国民負担なしに銀行破綻させる制度必要

米銀JPモルガン・チェースのジェ イミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、業界に対する国民の信 頼を回復させるため、監督当局や銀行は世界経済に打撃を与えずに銀行 を破綻させるシステムを構築すべきだとの考えを示した。

ダイモンCEOは21日遅くにドイツのフランクフルト近郊で開かれ た顧客向けのパネル討論会で、「大き過ぎてつぶせない銀行はなくさな ければいけない」と言明。「規模の大きな銀行を国民に打撃を与えず、 負担もかけずに破綻させられるようにする必要がある」と続けた。さら に、破綻した多国籍銀行を段階的に縮小させるため、世界の監督当局は 協調して取り組むべきだとした。

ドイツ銀行のアンシュ・ジャイン共同最高経営責任者(CEO)は 同討論会で、「一部のグローバル銀行については破綻させられないとの 先入観が依然としてある」と指摘。スペインなど一部の国は規模が小さ めの銀行の破綻を認められるだけの自信を持ち合わせていない可能性が あると述べた。

ダイモンCEOは、JPモルガンと同程度の規模を持つ銀行も納税 者の負担なしに縮小させることは可能だとした上で、事業展開が国境を 越えていることから多国間での監督当局の協調が必要だと指摘した。

原題:JPMorgan’s Dimon Says Failed Banks Must Spare Taxpayer Cost (1)(抜粋)

--取材協力:Annette Weisbach.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE