欧州株:ほぼ変わらず、独米指標で-ドイツ銀とビベンディ安い

22日の欧州株式相場は前日からほぼ 変わらず。1月のドイツの景況感が大幅に改善した一方、昨年12月の米 中古住宅販売は予想に反して前月を下回った。

ドイツ銀行は1.9%安。ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)から 事業分割のシミュレーションを要請されたと、事情に詳しい関係者が明 らかにした。フランスの総合メディア企業、ビベンディは昨年8月以降 で最大の値下がり。携帯電話部門SFRの責任者が、厳しい市場は最長 1年半にわたって続くとの見通しを示した。イタリアの銀行、モンテ・ デイ・パスキ・ディ・シエナは5.7%下落。業績に悪影響を及ぼすデリ バティブ(金融派生商品)取引についての報道が嫌気された。

ストックス欧州600指数は287.66で終了。前日比で0.1%未満の下げ にとどまったが、一時は0.8%下げた。年初来では2.9%上げている。

サクソ・バンク(コペンハーゲン)の株式ストラテジスト、ピータ ー・ガーンリ氏は「中古住宅販売件数が予想より悪く、経済指標がさま ざまな方向を指すというまだら模様の様相が強まった」と指摘。その上 で、「こうした要因に左右されずに本筋を見れば、米経済のペースは潜 在成長率にゆっくり近づいている。この日発表の中古住宅販売にかかわ らず、米住宅セクターは改善しつつあり、2013年の米経済は予想以上に 上向く可能性がある。これは株式にとってプラスのはずだ」と付け加え た。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、この日の指数構成銘柄 の売買高は30日平均を6%上回った。

22日の西欧市場では、18カ国中11カ国で主要株価指数が下落した。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた1月の期待指 数は31.5と、前月の6.9から上昇。エコノミスト予想(12.0)も大きく 上回り、2010年5月以来の高水準となった。

原題:Europe Stocks Are Little Changed as ZEW Offsets U.S. Home Sales(抜粋)

--取材協力:Annette Weisbach、Namitha Jagadeesh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE