キプロス財務相、1-3月の財政義務満たせる-支援なくても

キプロスのシアルリス財務相は22 日、国際社会からの支援受け入れで合意を目指す間も同国には支払い義 務を満たす能力があると述べた。支援合意は、来月の総選挙後の3月と なる公算がある。

シアルリス財務相は欧州連合(EU)財務相理事会後、ブリュッセ ルで記者団に対し、「政権交代があろうとなかろうと、今年最初の3カ 月に国の財政上の義務が確実に完全遂行されるよう、いかなる措置も講 じる」と言明。「財政上の義務を果たす能力がキプロスにはある」と付 け加えた。

キプロスは昨年6月に金融支援を要請したものの、その規模と条件 に関し、ユーロ圏や国際通貨基金(IMF)と依然として協議を続けて いる。支援対象には政府のほか、ギリシャ向け投融資で資本が傷んだ銀 行も含まれる。

フリストフィアス大統領は先週、救済合意が遅れているのは、キプ ロスの銀行の資本増強をめぐり政府とIMF間で意見相違があるためだ と説明した。同大統領は、2月17日に予定される選挙で2期目を目指さ ない。

ドイツのショイブレ財務相は21日、キプロス支援の承認は総選挙後 になると示唆。フリストフィアス大統領が国有資産の売却に反対してい ることを理由に挙げた。

シアルリス財務相はこの日、支援合意の時期は貸し手次第だと語 り、ユーロ圏諸国の意向に左右されるだろうと述べた。

原題:Cyprus Says It Can Meet First-Quarter Budget Needs Without Aid(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE