首相:物価目標達成は日銀に責任、諮問会議で金融政策集中審議

安倍晋三首相は22日夜の経済財政諮 問会議で、政府・日銀が発表した共同声明に盛り込んだ2%の物価安定 目標達成の責任は日銀にあり、大胆な金融緩和を進めるよう求めた。金 融政策や物価に関する諮問会議の集中審議を四半期ごとに実施する考え も表明。次回会合で最初の審議を行う。

安倍首相は共同声明に関し、「今後、日銀において2%の物価安定 目標をできるだけ早期に達成するため大胆な金融緩和を進めていくこと を強く期待する。この物価安定目標の達成には日銀が責任を持って取り 組んでほしい」との認識を示した。諮問会議は日銀の白川方明総裁も正 式メンバーとして出席している。

甘利明経済再生相は会議後の記者会見で、白川総裁は会議で日銀は 同日の金融政策決定会合で金融緩和を思い切って前進させることにし た、と説明した上で、物価安定の目標をできるだけ早期に実現すること を目指す考えも示したという。

安倍首相は22日夜、テレビ朝日の番組「報道ステーション」に出演 し、共同声明について「のませたということよりも日銀側も了解をした ということだ。デフレを脱却して成長するための3本の矢のうちの最も 重要な金融緩和に向けて第一歩をしるすことができたことはよかった」 と語った。

また、首相は金融緩和の効果について「インフレ期待値が上がって 一番最初に反応するのが為替と株だ。円安によって産業力がうんと強ま っていくので業績を改善して利益を上げていくということになる」との 認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE