香港株(終了):ハンセン指数、1年7カ月ぶり高値

香港株式相場は上昇。ハンセン指数 が1年7カ月ぶりの高値を付けた。招商局国際が上げをけん引。同社が 所有する土地の利用方針を深圳市が見直しているとの報道が好感され た。

招商局国際(144 HK)は8.8%高。同社と深圳の土地を共同保有す る深圳国際(152 HK)も上げた。遠東環球(830 HK)は9.7%高。同社 が2週間で2013年の契約目標の19%を達成したとの見方をドイツ証券の アナリストが示した。乳業メーカーの雅士利国際(1230 HK)は1.9% 高。12年通期利益の「大幅増」を見込んでいることを明らかにした。

不動産開発の融創中国(1918 HK)は株式発行計画を受け、7.5%値 下がり。建機の三一重装国際(631 HK)も下げた。

ハンセン指数は前日比68.08ポイント(0.3%)高の23658.99と、終 値としては2011年6月以来の高値となった。一時は0.4%下げる場面も あった。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.6%高の12196.74。

第一上海証券のチーフストラテジスト、ライナス・イップ氏(香港 在勤)は「全体的に市場のセンチメントは良好だ」と指摘、「中国経済 が上向いていることを一段と確信している」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Rise to 19-Month High as China Merchants Soars(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE