英中銀総裁、3番底のリスクに直面-寒波で国内経済がまひ

イングランド銀行(英中央銀行)の キング総裁は、寒波で昨冬の混乱が再発するリスクに伴い、英経済が3 番底に陥る危険に直面している。同総裁は今年、任期切れを迎える。

国内の大半の地域が大雪に見舞われ、小売売上高と建設部門が打撃 を被る恐れがある。エコノミストは2012年10-12月(第4四半期)の英 経済がマイナス成長に陥ったと予想している。キング総裁は22日夜、ベ ルファストで企業幹部向けに今年最初となる講演を行い、自身の見通し の詳細を示す見込みだ。同総裁は7月にカナダ銀行(中央銀行)のカー ニー総裁と交代する。

複数の一時的要因が過去1年にわたって英国に打撃を与え、キング 総裁は生産の「ジグザグのパターン」につながったと指摘していたが、 これに悪天候が加わるもようだ。7-9月(第3四半期)の国内総生産 (GDP)がロンドン五輪で押し上げられたことによる反動も10-12月 の落ち込みの一因。4-6月(第2四半期)は英女王即位60周年記念の 祝日の影響で、マイナス成長となっていた。

ノムラ・インターナショナル(ロンドン)のエコノミスト、フィリ ップ・ラッシュ氏は「悪天候が長引けば長引くほど、経済活動への打撃 が拡大し、3番底の可能性が高まる」と指摘した。

ブルームバーグ・ニュースのエコノミスト調査では、25日発表の10 -12月GDP速報値は前期比0.1%減(予想中央値)が見込まれてい る。7-9月はプラス成長を回復していた。

原題:King Confronts Triple-Dip Threat as Snow Freezes U.K. Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE