ヘンリー英王子:アフガニスタンでタリバン兵殺害を告白

チャールズ英皇太子の次男で王位継 承権3位のヘンリー王子は21日夜、アフガニスタンでの兵役を終えて帰 国し、反政府武装勢力タリバンの兵士を殺害したことを明らかにした。

ヘンリー王子(28)は攻撃ヘリコプター「アパッチ」の操縦士とし て勤務。アフガニスタン南部のヘルマンド州に配属され、タリバンと戦 う北大西洋条約機構(NATO)主導の国際治安支援部隊(ISAF) やアフガニスタン軍を支援し、英軍・米軍のヘリコプターによる死傷者 の搬送に同行した。

PA通信によると、操縦席からの攻撃で殺害したのかという記者団 の質問に対し、ヘンリー王子はその通りだと答え、「全員が一定の攻撃 を行った」と語った。「人の命を救うために人の命を奪う」ことが、 「われわれの行動の中心になっていたと思う」と述べた。

王子は敵を殺害することが攻撃ヘリコプターの操縦士になった理由 ではないと主張した。英王族が戦闘地域で実戦に従事するのは約25年ぶ り。

ヘンリー王子は、任務中は特別扱いを受けておらず、他の操縦士と 同じ状況で勤務、生活した。英国は2014年末にアフガニスタンで戦闘活 動を終了する予定。

原題:U.K.’s Prince Harry Says He Killed Taliban in Afghanistan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE