商品ヘッジファンドのリターン、2年連続で指数下回る

ヘッジファンドによる商品投資のリ ターン(収益率)が昨年、2年連続でマイナスとなった。ガリーナ・メ タルズ・ファンドやクライブ・キャピタルなどのリターンは商品指数を 下回った。

ヘッジファンド56本で構成するニューエッジ商品取引指数は昨 年、2.8%低下。一方、エネルギーや金属、農産物で構成するS&P・ GSCIトータルリターン指数は0.1%上昇した。ブルームバーグ・ニ ュースが入手した投資家向け書簡によると、ガリーナの運用成績はマイ ナス8.9%と、2004年の運用開始以降、年間リターンは初のマイナスと なった。同社はこの運用成績を確認した。欧州最大の商品ヘッジファン ド、クライブの成績はマイナス8.8%。11年はマイナス9.9%だった。

市場は中国の経済成長鈍化で下落。欧州のソブリン債危機の行方に 楽観的な見方が出て回復したものの、オバマ米大統領と共和党の財政協 議が続く中で変動し、商品ファンドは打撃を受けた。

GSCI指数は昨年1-5月に8%以上低下した後、7-9月に は12%上昇、年末時点では前年末比ほぼ変わらずの水準だった。

ヘッジファンドに投資する47ディグリーズ・ノース・キャピタル・ マネジメントの調査責任者、フレーザー・マッケンジー氏は15日、スイ スのファフィコンからの電話インタビューで「マクロのファンダメンタ ルズ(基礎的条件)の変化によって多くのファンドがつまずいた」と指 摘。「現時点でわれわれは商品ファンドへのエクスポージャーを小さく しており、その状況が近く変わることはなさそうだ」と述べた。

原題:Galena Slides as Commodity Hedge Funds Trail Index a Second Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE