NY原油時間外:4カ月ぶり高値近辺-日銀の緩和拡充方針で

ニューヨーク原油先物相場は22日の 時間外取引で4カ月ぶり高値近辺で取引されている。日本銀行はこの日 の政策決定会合で、金融緩和を強力に推進する方針を示した。

原油先物相場は前週末18日に、昨年9月以来の高値で引けている。 前日の通常取引はキング牧師生誕記念の祝日で休場だった。日銀は現行 方式の資産買い入れ完了後、2014年初めから無期限で資産を購入するこ となどを決めた。前日開催のユーロ圏財務相会合は、ギリシャ支援で92 億ユーロ(約1兆910億円)を同国に今月支払うことを承認した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限はシンガ ポール時間午後3時21分(日本時間同4時21分)現在、前営業日比4セ ント高の1バレル=95.60ドル。2月限は22日に納会を迎える。前週末 の通常取引は7セント高の95.56ドルで引け、終値としては昨年9月17 日以来の高値。実質中心限月となった3月限は96.04ドルで変わらずと なっている。

原題:Oil Trades Near Four-Month High as Japan Pledges More Stimulus(抜粋)

--取材協力:Ann Koh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE