銀行はボーナス支給を最長10年見送るべきだ-英中銀理事

銀行は報酬の決定でより思慮分別の ある行動を取り、従業員へのボーナス支給を最長10年間見送るべきだ -。イングランド銀行(英中央銀行)のアンドルー・ホールデン理事 (金融安定担当)が21日、こうした見解を示した。

同理事は銀行基準に関する議会委員会の公聴会で、「現在の危機に 至るまで好況が約20年続いていた。したがって3年や5年でパフォーマ ンスを判断するのは短過ぎる」とし、信用のサイクルを捉えるには5 -10年が望ましいとの考えを明らかにした。

欧州監督当局は2011年、多額の現金報酬が積極的なリスクテークを 促し、2008年の米リーマン・ブラザーズ・ホールディングス破綻とその 後の金融危機につながったとして、少なくとも3年間の支給見送りなど 賞与に関する規則の強化で合意した。ホールデン理事は、支給見送り期 間をさらに延ばすべきだとの論拠があると述べた。

原題:Banks Should Defer Bonuses for 10 Years, BOE’s Haldane Says (1)(抜粋)

--取材協力:Ambereen Choudhury.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE