NY銅:上昇、1週間半ぶりの高値-日銀の金融緩和が後押し

22日のニューヨーク銅先物相場は上 昇。1週間半ぶりの高値を付けた。日本銀行はこの日、景気刺激のため に期限を定めずに資産を買い入れる金融緩和策の導入を発表した。

日銀は2%の物価上昇率目標を採用するとともに、来年からオープ ンエンド方式で資産の買い入れを開始することを決めた。日本は世界4 位の銅消費国。米欧や中国の中央銀行が景気下支えの取り組みを強化す る中、昨年の銅相場は6.3%上昇した。

キングスビュー・ファイナンシャルのストラテジスト、マシュー・ ジーマン氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「日銀は経済成長を 促すために必要なことを行うと表明し、それが若干強気なトーンを与え た。現在の銅相場はかなり良い状態に見える」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 3月限終値は前営業日比0.7%高の1ポンド=3.705ドル。一時は3.7075 ドルと今月11日以来の高値を付けた。前日はキング牧師生誕記念日の祝 日で立ち会い取引は休場だった。

原題:Copper Reaches One-Week High as Bank of Japan Signals Stimulus(抜粋)

--取材協力:Helen Sun.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE