メルケル独首相の3選に暗雲-ニーダーザクセン州で与党敗北

3期目を目指すドイツのメルケル首 相にとって、20日に行われたニーダーザクセン州議会選挙は痛手となっ た。同議会選挙でメルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の 陣営は与党の座を失い、3地方選連続で敗北を喫した。

支持率上昇を州議会選での勝利につなげられず、メルケル首相の3 選にも暗雲が垂れ込めた。CDUの連立パートナーである自由民主党 (FDP)の支持率が選挙前の世論調査の数字を大きく上回り、CDU も得票率1位となったものの、社会民主党(SPD)と緑の党の野党陣 営に1議席及ばなかった。

カーネギー国際平和財団欧州センター(ブリュッセル)のディレク ター、ヤン・テシャウ氏は21日、「この心理的な影響はかなり大きい」 と指摘。「ニーダーザクセン州は、マックアリスター州首相のように高 い人気を誇っても選挙で敗北し得ることを示している。問題は、メルケ ル首相も同じ道をたどるかだ」と説明した。

原題:Merkel Failure to Turn Popularity Into Victory Puts CDU at Risk(抜粋)

--取材協力:Brian Parkin、Rainer Buergin、Leon Mangasarian、Joseph de Weck.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE