アルジェリア:外国人37人死亡-武装勢力は人質と逃亡を計画

アルジェリアで起きた人質事件につ いて同国のセラル首相は、武装勢力は天然ガス関連施設を爆破して外国 人の人質とともに隣国マリに逃亡することを図っていたと説明した。

セラル首相は21日記者団に対し、アルジェリア軍が作戦を実行して いなければ、武装勢力の32人が人質とともに国外に逃亡するのを阻止す ることはできなかったと語った。武装勢力は「大量の武器」を保有し、 中には爆発物の専門家もいたという。武装勢力の少なくとも1人はカナ ダ人で、メディアとの連絡役だったと述べた。今回の事件では米国人3 人を含む人質38人が死亡した。

同首相の説明によると、武装勢力は2カ月にわたって計画を練り、 天然ガス関連施設の元運転手から内部情報も得ていた。事件の解決に向 けアルジェリア軍は「専門的に」対応したと説明した。

セラル首相は「軍は初め事態打開を期待して交渉に当たったが、テ ロリストの意志は固く、主張も明確で、受け入れ難い要求を持ってい た」と言明。外国人37人とアルジェリア1人が死亡、5人の行方が依然 不明だと述べた。武装勢力側は3人が拘束され、29人が殺害された。武 装勢力メンバーの国籍はチュニジアやエジプト、ニジェール、モーリタ ニア、カナダを含む8カ国。

同首相は、武装勢力がマリ北部からニジェール、リビアを通って最 終的にアルジェリアに入ったとし、アルジェリアと接する国々との国境 を越えるのは容易で警備の難しさを示すものだと述べた。「覆面旅団」 に所属する男が武装勢力を率いていたとも指摘した。

原題:Militants Planned to Move Hostages After Blast, Algeria Says (2)(抜粋)

--取材協力:Nicole Gaouette、Nick Taborek.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE