ユンケル議長、8年間の闘い終え退任-後任ダイセルブルーム氏

ユーロ圏財務相会合(ユーログルー プ)は21日、ユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)の退任と、 オランダのダイセルブルーム財務相の新議長起用を決めた。今後はダイ セルブルーム氏が債務危機対応の最前線で指揮を執る。

ユンケル氏(58)はユーロ創設に立ち会い、1991年のマーストリヒ ト条約の締結交渉にはルクセンブルク財務相として加わった。95年に同 国首相に就任し、2005年からユーログループ議長を務めてきた。ダイセ ルブルーム氏(46)は昨年11月に自国の財務相に就任したばかり。

ダイセルブルーム氏は財務相会合前に記者団に対し、金融市場の緊 張が和らぎつつある中で、自身の使命は「ユーロとユーロ圏、経済見通 しへの信頼を一段と回復させることにある。それが当面の主要任務だ」 と述べた。

ルクセンブルク政府のシューラー報道官は、財務相会合でダイセル ブルーム氏が承認されたことを確認した。

ユーロ圏では昨年、恒久的な救済基金である欧州安定化メカニズム (ESM)の責任者にドイツ人が起用され、欧州中央銀行(ECB)の 空席ポストにルクセンブルク出身者が就いた。今回のオランダのダイセ ルブルーム氏の選出で、欧州の勢力バランスは財政規律を維持する北部 に傾く。

ユーログループ議長職は従来持ち回りだったが、05年にユンケル氏 が初の専任となった。当初は任期2年として起用されたが、その後3回 にわたって選出され続けた。

原題:Juncker Replaced by Dijsselbloem After 8 Years as Eurogroup Head(抜粋)

--取材協力:Rainer Buergin、Rebecca Christie、Mark Deen、Fred Pals、Jonathan Stearns.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE