独連銀総裁:今年は危機収束に向け断固たる措置講じる必要

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、ドイツ連邦銀行のバイトマン総裁は21日、欧州の政策当局 者は今年、債務危機収束に向け断固たる行動を取るべきだとの見解を示 した。

同総裁はフランクフルトでの講演で、「2013年が危機の終わりの年 にならないことは確かだ」と発言。「調整プロセスはしばらく時間がか かる。しかし、危機を恒久的に克服するために断固たる措置を講じる年 となり得る」と指摘した。

同総裁はまた、銀行同盟について、将来の欧州金融システム安定の 基礎にすべきであり、現在の危機で生じた不良債権を分担する手段にし てはならないと述べた。

原題:Weidmann Says 2013 Could Be Year of Decisive Steps to End Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE