ドイツ財務相:キプロス支援、脅威が差し迫るまで見送りも

ドイツのショイブレ財務相は21日、 ユーロ圏への脅威がより差し迫ったものになるまで、ユーロ圏財務相は キプロス支援の承認を見送る見込みであることを明らかにした。

同相はブリュッセルでのユーロ圏財務相会合の前に記者団に対し、 救済ルールは「ユーロ圏全体の安定に対する危険」の存在を要件として いると指摘。「これに合致する必要がある」と語った。

ショイブレ財務相は、キプロス支援に関する決定は2月に行われる 同国大統領選挙の結果を待つ必要があると示唆。左派の労働人民進歩党 のフリストフィアス大統領が国有資産の民営化に反対しているため、同 大統領と合意することは不可能なようだと述べた。

原題:Schaeuble Says Cyprus Aid Requires Evidence of Threat to Euro(抜粋)

--取材協力:Stephanie Bodoni、Mark Deen、James G. Neuger、Jonathan Stearns、Fred Pals.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE