金融サービスと銀行、3年連続で最も信頼されない業界-調査

PR会社エデルマンの年次調査で、 金融サービスと銀行が3年連続で最も信頼されない業界となった。回答 者の半数はこれら業界の企業が正しい行動を取ると信用できないと答え た。

昨年公表された調査では金融サービス業界を信頼する回答が45%、 銀行を信頼する回答が47%だったが、今回の調査ではそれよりは信頼度 が改善した。ハイテク業界は引き続き最も信頼され、前年から2ポイン ト低下の77%が信頼すると回答した。最新調査は20カ国のいわゆる「知 識のある成人」(25-64歳)4600人を対象に昨年10、11両月実施され た。

実業界を信頼する回答は58%と前年の53%から増え、政府を信頼す る回答は48%(前年は43%)だった。

銀行を信頼する回答は調査対象地域の3分の2で50%を下回った。 米国では49%。2年前の25%から改善したものの08年の69%には依然届 かない。銀行への信頼が最も低い3カ国はアイルランド、スペイン、英 国でそれぞれ11%と19%、22%が信頼していると回答した。

エデルマンによれば、「知識のある成人」は大学教育を受けた人で それぞれの国の同年齢層で上位25%に入る所得があり、ビジネスニュー スや公共政策にかかわっている人と定義されている。

原題:Finance Least-Trusted Industry for Third Year in Edelman Survey(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE