香港株(終了):ハンセン指数、小幅安-上昇銘柄も多い

香港株式市場で、ハンセン指数は小 幅安。ただ約1年7カ月ぶりの高値付近にとどまった。黒字転換したも ようだと発表した中国集装箱運輸が値上がりするなど、上昇銘柄も多か った。通信機器メーカーのZTE(中興通訊)は下落した。

中国集装箱運輸(2866 HK)は3.9%高。中国遠洋(1919 HK)も上 げた。また、万科置業(海外、1036 HK)は一時19%上昇し、13%高で 引けた。親会社の万科企業が深圳市場の外貨建てB株を香港市場のH株 に転換する計画を明らかにした。

ZTE(763 HK)は1.4%安。ネットワーク事業の遅れのため赤字 予想を示したことが嫌気された。家電小売りの国美電器(493 HK)も下 げた。

ハンセン指数は前週末比10.87ポイント(0.1%)安の23590.91で終 了。前週末18日の終値は2011年6月以来の高値だった。ハンセン中国企 業株(H株)指数は0.2%高の12125.89で引けた。

IGインベストメントのファンドマネジャー、ティム・レオン氏 (香港在勤)は、「相場は直線的に動かない。これは大幅上昇の後の値 固めだ。利益確定売りしたい人が多い」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE