麻生財務相:社会保障会議での発言を撤回、「適当でない面もあった」

麻生太郎財務相は21日、同日開かれ た社会保障制度改革国民会議での自身の発言について、「私個人の人生 観を述べたもの」としながらも、「公の場で発言したことは、適当でな い面もあったと考える」と述べ、当該部分を撤回するとともに、議事録 から削除するよう申し入れたいとのコメントを発表した。

共同通信は、麻生財務相が同会議で高齢者などの終末期医療に関し 「政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うと寝覚めが悪 い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」などと述べたと伝えた。 財務相は同記事について会見し、「主語が抜けている。議事録でも『私 は少なくとも』と主語を入れている」と述べていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE