豪ドル:対円で続落-豪インフレ指標と日銀の政策発表を控え

21日の外国為替市場で、オーストラ リア・ドルは円に対し続落。今週発表されるインフレ指標は一段の利下 げを促す内容となる見通しで、豪州資産の需要が後退した。

豪ドルは先週、対円でここ4年余りで最も高い水準に達してい た。22日に発表される日本銀行の金融政策決定会合の結果は、金融緩和 を求める市場の期待に届かないとの観測が広がった。ニュージーランド (NZ)ドルは対米ドルで2週間ぶり安値に下落。アジア株が下げに転 じたことが響いた。

豪ドルはシドニー時間午後4時半(日本時間同2時半)現在、対円 で前週末比0.6%安の1豪ドル=94円15銭。18日は一時95円03銭 と、2008年8月以来の高値に達した。対米ドルではほぼ変わらずの1豪 ドル=1.0511米ドル。18日は1.0486米ドルと、8日以来の安値を付けて いた。

NZドルは対円で前週末比0.8%安の1NZドル=74円85銭。対米 ドルでは、同0.1%安の1NZドル=0.8357米ドル。一時0.8334米ドル と、7日以来の安値となった。

原題:Australia Dollar Declines Versus Yen Before Inflation Data, BOJ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE