茂木経産相:日本企業に明るい兆し、デフレ・円高脱却を強調

茂木敏充・経産相は21日午後に都内 の日本記者クラブで会見し、先週末に1ドル=90円台まで為替の円安ド ル高が進んだことに関連して「歴史的な円高で苦しんだ日本企業にも少 しは明るい兆しが見えてきた」と述べた。適当な為替水準については 「いくらがいいかとのコメントは控える」としながらも「デフレ・円高 から脱却する基本方針は昨日もきょうも明日も変わらない」と述べた。

経産相はドルだけでなく韓国ウォンに対しても円は昨年までの4年 間で倍になったと指摘。円高では「どうしてもパナソニックやシャープ にしても、とてもサムスンなどと戦えない。デフレ・円高からの脱却が 新政権にとっての最優先課題」と強調した。

きょう、明日と開かれている日銀の金融政策決定会合に関しても言 及した。昨年2月14日の会合で日銀が公表した消費者物価指数の前年比 で2%以下のプラス、当面1%とする「中長期的な物価安定のめど」に ついては「国際的に見てもおかしい」と指摘。他国ではより強い「目 標」としており、しかも2%が国際的な基準だと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE