大ガス:モザンビークなどアフリカのLNG購入・権益を検討

大阪ガスは、世界最大級のガス田が あるモザンビークなどアフリカのLNG(液化天然ガス)購入や天然ガ スの上流権益取得を検討している。大部分の原子力発電所が稼働を停止 している中で、ガス依存度の高まる日本のLNG輸入価格は高止まりし ているため、調達先の多様化により安価なLNG調達を目指す考えだ。

大ガスの揚鋼一郎ゼネラルマネジャーは21日、ブルームバーグ・ニ ュースの取材に応じ、「モザンビークは非常に大きな埋蔵量が確認され ているので、今後非常に大きなソースになってくるのは間違いない」と 述べた。経済産業省によると、三井物産などが参画する同国ガス田の推 定埋蔵量は、日本の輸入量の15年分に相当する。

東日本大震災以降、火力発電向け需要増で通常原油価格にリンクす る日本のLNG輸入価格は高止まりする一方、米国ガス価格は非従来型 でシェール(頁岩層)から抽出するガスの生産増で下落している。英国 ガス価格も欧州景気悪化による需要減の影響で下落しており、日本と欧 米のガス価格差が拡大している。

大ガスは調達先多様化の一環として、昨年6月に米ピアソールシェ ール油ガス開発プロジェクトへの参画を決めたほか、同年7月には米フ リーポート社と天然ガスを液化加工する契約を結び、米国の安価な LNGを日本国内に供給する見通しだ。

揚氏は、問題は「我々の要求をどういう人が一番飲んでくれるか だ。それはアフリカかもしれないし、北米かもしれない」と述べた。た だ可能性としては「メジャーががっちりやっている豪州のプロジェクト など、サラブレッドみたいな案件だとそこまで相手してくれないかもし れない」とし、北米やアフリカに注目する背景を説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE