F&N買収合戦が激化、入札で決着も-タイ富豪提示額引き上げ

タイの富豪チャルーン・シリワタナ パクディー氏と、シンガポールのオーバーシーズ・ユニオン・エンター プライズ(OUE)主導の企業連合との間で、シンガポールの不動産・ 飲料大手フレイザー・アンド・ニーブ(F&N)をめぐる買収合戦が激 化しており、前例のない入札での決着となる可能性がある。

チャルーン氏率いるTCCアセッツは18日、買収提示額を1株当た り9.55シンガポール・ドルに引き上げた。これはOUE連合が昨年11 月15日に提示した同9.08シンガポール・ドルを上回る。OUE連合はシ ンガポール時間20日午後5時30分(日本時間同午後6時30分)までに対 抗案を発表していない。

シンガポールの証券業委員会は、20日までに両陣営が最終案を示さ なければ、入札を命じる意向を示していた。OUEが21日に買収提示額 を引き上げるつもりなら、まず証券業委員会に午後4時までに提案を提 出しなければならない。

OUE連合にはキリンホールディングスが加わっている。昨年発表 された合意によると、OUEがF&Nの不動産事業、キリンが食品・飲 料事業を取得する計画。

原題:Thai Billionaire Faces F&N Auction After Boosting Takeover Bid(抜粋)

--取材協力:Stephanie Wong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE