イタリア:90億ユーロ以上の追加予算削減の必要も-財務省高官

イタリア財務省高官のジャンフラン コ・ポリロ氏は、同国が財政赤字の目標を達成するためには、2013年に 少なくとも90億ユーロ(約1兆800億円)の追加予算削減が必要となる 可能性があると指摘した。リセッション(景気後退)の深刻化で税収が 損なわれるとともに、失業コストが拡大しているためだとしている。

ポリロ氏はローマでのインタビューで、失業対策に80億ユーロを捻 出する必要があるほか、付加価値税(VAT)や賭博税からの60億ユー ロの税収不足に直面していると説明。ただ、その一部は新たな不動産税 による予想を上回る税収と債務借り換えコスト縮小による50億ユーロの 財源で賄われる見込みだという。

イタリア銀行(中央銀行)は18日、世界的な景気減速と内需の弱さ が成長を抑制しているとして、今年の成長率予想をマイナス0.2%から マイナス1%に下方修正した。そのため、13年の財政赤字を対国内総生 産(GDP)比1.6%とする目標の達成がさらに困難になると、ポリロ 氏は述べた。

原題:Italy Needs 9 Billion Euros for Deficit Goal, Official Says (1)(抜粋)

--取材協力:Andrew Frye.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE