クーレ理事:ECBには過剰な流動性を取り除く手段がある

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理 事は18日、ユーロ圏に成長が戻り、インフレのリスクが表れる場合に は、過剰な流動性を取り除く手段をECBは持っていると語った。 BFMラジオに対して発言した。

クーレ理事は、そのような段階にはまだ達しておらず、ユーロ圏の インフレリスクは現在のところ「均衡が取れた」状態にあるとの認識を 示した。また、ECBは求められれば、アウトライト・マネタリー・ト ランザクション(OMT)プログラムに基づく国債購入計画を実行する 用意があると付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE