ECBクーレ理事:通貨戦争が今にも起こりそうな状況ではない

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理 事は、通貨戦争が今にも起こりそうな状況だとは考えていないと述べ た。

クーレ理事は18日、仏ラジオ局BFMの番組で「各国には非協調的 な政策採用への誘惑があり、低成長の際には誘惑はさらに大きくなる」 と発言。「開かれた経済にしている理由はだれもが恩恵を受けられるた めだ。それは国際的協調が必要であることを意味する」と語った。

同理事は質問に答え、「通貨戦争が目前に迫っているとは思わな い」とし、「米国側に通貨戦争はない」と述べた。

また、ECBは指標の中で為替相場に注目していると述べたが、そ れを目標にはしていないと説明した。中国については、より柔軟な為替 レートに移行するのに時間が必要だと述べた。

原題:ECB’s Coeure Says He Doesn’t See World on Verge of Currency War(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE