浜田氏:物価や円相場への影響行き過ぎたら緩める必要-金融緩和

内閣官房参与の浜田宏一エール大学 名誉教授は20日、日本銀行の金融緩和で円相場や物価に行き過ぎた影響 が出てきた場合は、緩和措置を緩めればよいとの認識を示した。NHK 番組に出演後、都内で記者団の質問に答えた。

浜田氏は日銀の金融政策について「今まで物価を上げようとか、円 に影響を及ぼそうと苦労してきたわけですよね。それがやっとできてき た」と指摘。その上で、効果が行き過ぎた場合は「金融緩和を少し緩め ますということをすればいい」と述べた。その際、「日銀がタイミング とかスピードとかは考えないといけない。易しいことではないと思う」 と語った。

浜田氏とともに番組に出演した甘利明経済再生担当相は、次期日銀 総裁人事について、「総理の頭の中に複数の方の名前があると思う」と した上で、能力や国際的な発信力といった観点から候補者を絞っている 段階と述べた。番組出演後に記者団に対し語った。政府と日銀との共同 文書における物価目標の達成時期については、「長期的というニュアン スにならない表現」で、「何年という数字は入らないと思う」と語っ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE