アルジェリア内務省:人質23人死亡-死者さらに増える可能性

アルジェリア政府は19日、同国南東 部の天然ガス関連施設で起きた人質事件で、人質23人と武装勢力32人の 死亡を確認したと発表した。人質の死者数はさらに増える恐れがあると している。武装勢力の掃討作戦は終了した。

人質の死者の中には最大で英国人6人、ノルウェー人5人が含まれ ている可能性がある。米国人1人も殺害された。コロンビア人とフラン ス人、マレーシア人も死亡が確認されたり行方不明となっている。

アルジェリア内務省は国営アルジェリア通信(APS)を通じて、 同国軍が外国人107人とアルジェリア人労働者685人を解放したとの声明 を発表。同省によると、事件には武装勢力32人が関与しており、国籍は アルジェリア人が3人で、他は主に近隣諸国だった。

アルジェリアのサイード通信相は20日に国営テレビで、同国軍が施 設の捜索を続けており、死者は増える可能性があると述べたと、同国紙 エルワタンが報じた。

原題:Algeria Says 23 Hostages Die as Nations Seek News of Workers (4)(抜粋)

--取材協力:Stephen Treloar、Brian Swint、Robert Hutton、Thomas Penny、Gopal Ratnam、Caroline Alexander、Oudaa Marouf、Nicole Gaouette、Zaid Sabah Abd Alhamid、Jonas Bergman、Mikael Holter、Jim McDonald、Christine Jenkins.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE