英HSBC:米住宅差し押さえで和解合意-220億円支払いへ

欧州最大の銀行、英HSBCホール ディングスは、米国での不適切な住宅差し押さえ問題で2億4900万ドル (約220億円)を支払い、和解することで合意した。同問題をめぐって はこれまでに住宅ローンを扱う金融機関、他12社が和解しており、支払 い額は計90億ドルを超える。

米連邦準備制度と米通貨監督庁(OCC)が18日発表した資料によ れば、HSBCの米部門は2009年と10年に同行が住宅を差し押さえた米 国の借り手11万2000人に現金9600万ドルを支払うほか、他の住宅ローン 支援として1億5300万ドルを供与することで両機関と合意を締結した。 HSBCは他の金融機関と同様、不備のある書類を利用して差し押さえ を進めたと非難されている。

HSBC米部門の広報担当者ニール・ブラジル氏は、「合意に達し たことを喜ばしく思う」とのコメントを発表した。

原題:HSBC Signs $249 Million Deal Settling U.S. Foreclosure Flaws (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE