NY外為(18日):ユーロ下落、短期金利の上昇観測が後退

18日のニューヨーク外国為替市場で はユーロが対ドルで下落。欧州中央銀行(ECB)の長期資金供給オペ で銀行に貸し出した資金の早期返済についてECBの統一見解はない と、当局者が述べたことから、短期金利の上昇観測が後退した。

ECBのクーレ理事は、長期リファイナンスオペ(LTRO)で銀 行に供給した資金を繰り上げて返済しても、翌日物の銀行間金利に与え る影響は大きくないとの見解を示した。銀行は今月末からLTROで調 達した期間3年の資金を返済できるようになる。この日の円とドルは主 要通貨の大半に対して上昇。一方、英小売売上高が予想外に減少したこ とを手がかりにポンドが下落した。

ウェスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ラビ・バラドワジ氏(ワシントン在勤)は「先週以降、ユーロは ドルに対して大きく上げていた」と述べ、「幅広い分野の投資家が値固 めの機会をうかがっていた。ユーロ圏無担保翌日物平均金利 (EONIA)や最近の英国発のニュースのいくつかは確実にユーロか らの撤退を促すに十分な材料となった」と続けた。

ニューヨーク時間午後4時42分現在、ユーロは対ドルで0.4%下げ て1ユーロ=1.3317ドル。14日には1.3404ドルと、昨年2月29日以来の 高値をつけていた。週間ベースでは0.2%安。ユーロは対円では0.3%下 げて1ユーロ=119円86銭。一時は2011年5月以来の高値となる120円71 銭をつけた。

円は対ドルで0.2%安の1ドル=90円02銭。円は週間ベースで は0.9%安。10週連続安と、1989年以来で最長となった。

ユーロの見通し

先物トレーダーの動向によると、ユーロは対ドルで上昇するとの見 方が強まっており、先週まで優勢だった下落見通しから反転した。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファ ンドや大口投資家によるユーロのネットロングは15日現在で7315枚だっ た。前週はネットショートが8035枚だった。

主要7カ国(G7)通貨の3カ月物オプションのインプライド・ボ ラティリティ(IV、予想変動率)を示すJPモルガン・チェースの指 数は 9.19 %と、昨年8月2日以来の最高に上昇した。

ポンドは対ドルで0.8%安。英政府統計局(ONS)が発表した12 月の小売売上高指数(燃料含む)は前月比0.1%低下。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト22人の調査の中央値では0.2%上 昇が見込まれていた。

EONIAは前日 0.068%と、11日の0.067%から上昇した。昨年 末は0.131%だった。

スイス・フラン

この日のスイス・フランは対ユーロで0.2%高。一時は0.8%安まで 売り込まれた場面があった。スイス国立銀行(中央銀行)が2011年9月 に設定した1ユーロ=1.20フランの上限を変更するよう、労組団体が求 めたことが嫌気された。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、フランは年初から1.7%下落。円は3.5%安。一方、ドル は0.7%高、ユーロは1.7%上昇した。

原題:Euro Falls as Wagers on Short-Term Rates Are Damped; Pound Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE