1月18日の欧州マーケットサマリー:株ほぼ変わらず

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3328   1.3376
ドル/円             90.02    89.88
ユーロ/円          119.98   120.21


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  287.03     -.32      -.1%
英FT100     6,154.41   +22.05     +.4%
独DAX      7,702.23   -33.23     -.4%
仏CAC40    3,741.58    -2.53     -.1%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .18%        -.01
独国債10年物     1.56%       -.05
英国債10年物     2.01%       -.03


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,688.50    +13.50    +.80%
原油 北海ブレント        111.71      +.61     +.55%

◎欧州株:ほぼ変わらず-中国で成長加速、米消費者信頼感は低下

18日の欧州株相場は前日からほぼ変わらずとなった。中国の経済成 長が10-12月に2年ぶりに加速した一方、1月の米消費者マインド指数 は予想に反して低下した。

英・オーストラリア系鉱山会社リオ・ティントは1.8%上昇。同社 が株式を買い戻す可能性があるとの見方をゴールドマン・サックス・グ ループが示した。英石油・ガス探査会社オフィール・エナジーは2.5% 高。野村ホールディングが同銘柄の投資判断を引き上げた。

一方、ベルギーの通信会社テレネット・グループ・ホールディング は2.6%下げた。リバティー・グローバールがテレネット株の公開買い 付けを再開しない方針を示したことが嫌気された。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%安の287.03で終了。前週末比 では0.1%未満の下げとなった。

ノッツ・ストゥッキ(ジュネーブ)のポートフォリオマネジャー、 ピエール・ムートン氏は「欧州株が今月持ち直した動きは驚きではない が、ピッチが速すぎた」とし、「欧州株に対しては断然前向きに見てい るが、域内の問題はまだ消え去っていない。企業の決算や見通しで失望 することもあるだろう。それゆえボラティリティーが生じる」と続け た。

この日の西欧市場では18カ国中13カ国で主要株価指数が低下した。 英FTSE100指数は0.4%高となった一方、仏CAC40指数は0.1%、 ドイツのDAX指数は0.4%それぞれ下げた。

原題:European Stocks Little Changed as Chinese GDP Exceeds Estimates(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債上昇、ECB理事発言で-スペイン債も高い

18日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、10年債利回りは3 カ月ぶり高水準から低下した。欧州中央銀行(ECB)が長期リファ イナンスオペ(LTRO)で銀行に供給した資金の返済について、翌 日物の銀行間金利に与える影響は大きくないと同中銀のクーレ理事が 発言したことが手掛かりとなった。

スペインとイタリアの国債も上昇。クーレ理事はパリで記者団に 対し、LTRO資金を銀行が早期に返済すべきか、ECBは見解を持 たないとも語った。銀行によるECBへの資金返済で借り入れコスト が上昇し、短期融資に回る資金が少なくなるとの観測が高まり、過去 2営業日に欧州の国債利回りは大きく上昇していた。

ダンスケ銀行のアナリスト、オーウェン・カラン氏(ロンドン在 勤)は「朝方に狼狽(ろうばい)売りがやや出たが、金利が上昇する との観測は抑えられた」と発言し、クーレ理事の発言を受けて「中核 国の国債利回りは下向きとなっており、スペインとイタリアもこれに 追随した」と続けた。

ロンドン時間午後4時38分現在、ドイツ10年債利回りは前日比 5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げ1.56%。一時は

1.64%と、昨年10月18日以来の高水準に達した。前週末比では3 bp下げた。同国債(表面利率1.5%、2023年2月償還)価格はこ の日、0.485上げ99.495。

スペイン10年債利回りは5bp下げて5.08%、イタリア10年 債の利回りは4bp低下し4.16%。

英国債も上昇

英国債相場は上昇。イングランド銀行(英中銀)の金融政策委員 会(MPC)メンバー、イアン・マカファティー氏が景気回復を支え る方法について当局者はオープンな姿勢でいるべきだと述べ、新たな 刺激策を自身が支持する可能性を示唆したことが支えとなった。

英10年債利回りは前日比3bp低下の2.01%。同国債(表面利 率1.75%、2022年9月償還)価格は0.255上げ97.725となった。

原題:German Bonds Rise as ECB’s Coeure Damps Bets of Loan Repayments(抜粋) 原題:Pound Slides Sixth Day Versus Dollar on Retail Sales; Gilts Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE