欧州債:ドイツ債上昇、ECB理事発言で-スペイン債も高い

18日の欧州債市場ではドイツ国債が 上昇し、10年債利回りは3カ月ぶり高水準から低下した。欧州中央銀行 (ECB)が長期リファイナンスオペ(LTRO)で銀行に供給した資 金の返済について、翌日物の銀行間金利に与える影響は大きくないと同 中銀のクーレ理事が発言したことが手掛かりとなった。

スペインとイタリアの国債も上昇。クーレ理事はパリで記者団に対 し、LTRO資金を銀行が早期に返済すべきか、ECBは見解を持たな いとも語った。銀行によるECBへの資金返済で借り入れコストが上昇 し、短期融資に回る資金が少なくなるとの観測が高まり、過去2営業日 に欧州の国債利回りは大きく上昇していた。

ダンスケ銀行のアナリスト、オーウェン・カラン氏(ロンドン在 勤)は「朝方に狼狽(ろうばい)売りがやや出たが、金利が上昇すると の観測は抑えられた」と発言し、クーレ理事の発言を受けて「中核国の 国債利回りは下向きとなっており、スペインとイタリアもこれに追随し た」と続けた。

ロンドン時間午後4時38分現在、ドイツ10年債利回りは前日比5ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げ1.56%。一時は1.64% と、昨年10月18日以来の高水準に達した。前週末比では3bp下げた。 同国債(表面利率1.5%、2023年2月償還)価格はこの日、0.485上 げ99.495。

スペイン10年債利回りは5bp下げて5.08%、イタリア10年債の利 回りは4bp低下し4.16%。

英国債も上昇

英国債相場は上昇。イングランド銀行(英中銀)の金融政策委員会 (MPC)メンバー、イアン・マカファティー氏が景気回復を支える方 法について当局者はオープンな姿勢でいるべきだと述べ、新たな刺激策 を自身が支持する可能性を示唆したことが支えとなった。

英10年債利回りは前日比3bp低下の2.01%。同国債(表面利 率1.75%、2022年9月償還)価格は0.255上げ97.725となった。

原題:German Bonds Rise as ECB’s Coeure Damps Bets of Loan Repayments(抜粋) 原題:Pound Slides Sixth Day Versus Dollar on Retail Sales; Gilts Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE