モルガン・スタンレーが報酬7.6%減額-投資銀部門の12年分

米モルガン・スタンレーは投資銀行 部門従業員の2012年報酬費用として、前年よりも7.6%少ない66億5000 万ドル(約5980億円)を割り当てた。

同社ウェブサイトに18日掲載された資料によると、部門収入に対す る報酬額の割合は44%となり、11年の53%を下回った。収入の数字は自 社債務の評価変動に絡む会計上の調整を含まない。部門の人員数は明ら かにしていない。

ゴールドマン・サックス・グループとJPモルガン・チェースの法 人・投資銀行部門も収入に対する報酬の割合を引き下げた。

事情に詳しい関係者が先週明らかにしたところによると、モルガ ン・スタンレーは総報酬が35万ドルを超え、賞与が5万ドル以上の従業 員へのボーナスの支払いを繰り延べることにしている。

モルガン・スタンレー全体での12年の報酬費用は156億ドルで、前 年比で4.4%減少した。この日の発表によると、最新の削減を織り込ん だ最終的な人員数は前年比10%減の5万5358人となった。

全社での報酬額は従業員1人当たり27万3777ドルに相当する。前年 は26万5378ドルだった。

原題:Morgan Stanley Cuts Investment Bank Pay Costs 7.6% for 2012 (1)(抜粋)

--取材協力:Elizabeth Dexheimer.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE