モルガン・スタンレー株が大幅高-証券事業の利益倍増

世界最大の証券会社を傘下に持つモ ルガン・スタンレーの株価が18日、大幅高となった。昨年10-12月(第 4四半期)の同事業の利益が2倍余りに増えたほか、利益率(マージ ン)の目標を予定より半年早く達成したことが好感された。

ニューヨーク時間午前10時6分現在、株価は前日比6%高の21.99 ドル。一時は7%上昇し日中取引として昨年6月6日以来で最大の上げ となった。

証券部門の利益率向上はジェームズ・ゴーマン最高経営責任者 (CEO)のリターン向上計画を進展させる。同社はシティグループと 合弁の証券会社の未保有株35%を今年買い取る許可を当局に求めてい る。グレッグ・フレミング氏が率いる同部門の税引き前利益は前年同期 の2倍余りに増え、マージンは税引き前で17%と前年同期の7%から上 昇した。

サンフォード・C・バーンスティーンのアナリスト、ブラッド・ヒ ンツ氏はブルームバーグラジオとのインタビューで、「ウェルスマネジ メント事業のマージンが上昇しているのは期待が持てる」と語った。

フレミング氏は今年半ばまでに税引き前マージンを「2桁台の半 ば」とすることを目標としていた。

原題:Morgan Stanley Shares Rise as Brokerage Profit More Than Doubles(抜粋)

--取材協力:Elizabeth Dexheimer、Tom Keene、Sara Eisen、Erik Schatzker.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE