ロンドン外為:円のボラティリティが17カ月で最高

18日の外国為替市場では来週の日本 銀行会合をにらんで円のボラティリティが1年5カ月ぶりの高水準とな っている。21、22両日の政策決定会合で日銀が追加緩和策を打ち出すと の観測を背景に、円はドルに対して2年半ぶり安値を付けた。週間ベー スでは10週連続の下落に向かっている。

内閣官房参与で、安倍晋三首相のブレーンとして知られる浜田宏一 エール大学名誉教授は18日、為替相場の適切な水準について「1ドル =100円くらいが良い水準ではないか」と発言した。

オプションプレミアムが示す円のボラティリティは一時、2011年8 月以来最高の17.4%となった。ロンドン時間午前7時8分現在は1ポイ ント上昇の17.3%。

円は対ドルで1ドル=90円21銭と10年6月23日以来の安値を付けた 後、前日比0.3%安の90円13銭での取引。対ユーロでは一時、0.4%安の 1ユーロ=120円71銭を付けた。これは11年5月4日以来の円安・ユー ロ高。

ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3386ドル。

原題:Yen Volatility Advances to 17-Month High Before BOJ Policy Meet(抜粋)

--取材協力:.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE