独与党陣営、20日の州議会選は接戦-連邦議会選を占う前哨戦

20日に行われるドイツ・ニーダーザ クセン州議会選挙では、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟 (CDU)の与党陣営が自由民主党(FDP)の支持率低迷で接戦を余 儀なくされる見込みで、3期目を目指す同首相が9月の連邦議会(下 院)選挙で厳しい戦いに直面することを浮き彫りにしそうだ。

世論調査によると、ニーダーザクセン州での支持率でCDUは野党 社会民主党(SPD)をリード。しかし連立パートナーのFDPは、得 票率が議席獲得に必要な5%に届かない可能性がある。その場合、 CDUはSPDと緑の党の合計議席数に及ばない公算がある。同州で は、国政と同じくCDUとFDPが連立政権を組んでいる。

INGベルギーのシニアエコノミスト、カルステン・ブルゼスキ氏 はインタビューで、「FDPがニーダーザクセン州で議席を得られなけ れば、メルケル首相にとって問題だ。自分の連立政権の不安定な先行き を映し出すからだ」と指摘。「州も連邦政府も接戦で予想がつかない」 と付け加えた。

ニーダーザクセン州議会選挙は現地時間20日午後6時(日本時間21 日午前2時)に投票が締め切られ、同時刻にZDFとARDテレビが出 口調査を伝える。両放送局が集計の途中結果に基づく予測を午後6時15 分ごろに出し、公式な暫定結果が出るのは午前0時ごろになる。

原題:Merkel’s CDU in Lower Saxony Cliffhanger Vote as FDP Ally Slumps(抜粋)

--取材協力:Stefan Nicola.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE