米シティのコルバットCEO:株主資本の減損阻止が最優先課題

昨年10月に就任した米銀3位シティ グループのマイケル・コルバット最高経営責任者(CEO)は、「株主 資本の減損を止める」ことが目標の1つだと述べた。

コルバットCEO(52)はアナリスト向け電話会議で、今後5年間 に達成を望むことを聞かれると、「株主資本の減損を阻止するところま で、こぎつけねばならない。これは明らかに最優先課題になると言えよ う」と答えた。同CEOは昨年解任されたビクラム・パンディット前 CEOの後任。

シティの株価は過去6年で92%下落。同行は米政府からの450億ド ル(現在の為替レートで約4兆円)の救済資金を受けて金融危機を乗り 越え、その後、公的資金を返済している。シティ株は株価純資産倍 率0.67倍で取引されている。コルバットCEOは同行の株価を押し上げ ることに最大の重点を置くと述べた。

原題:Citigroup CEO Says Bank Must Stop Destroying Shareholder Capital(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE