IMF専務理事:米債務問題、「全ての当事者が協力する必要」

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は17日、米国の債務上限や中期的な債務削減の問題で「全ての 当事者が協力する必要がある」との見解を示した。ワシントンのIMF 本部での記者会見で語った。

原題:IMF’s Lagarde Tells U.S. ‘All Sides Should Pull Together’ (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE