米ダラス連銀総裁:量的緩和の影響を継続的に評価する必要

米ダラス連銀のフィッシャー総裁 は、連邦準備制度は過去最大規模の量的緩和(QE)を推し進めること の費用と便益を継続的に評価する必要があるとの見解を示した。

同総裁は17日のブルームバーグテレビジョンのインタビューで、「 インフレが再び醜い頭をもたげることをわれわれは望まない」と発言。 ただ「そうしたことは現在見込んでいない」と付け加えた。

同総裁は、連邦準備制度による毎月の米国債と住宅ローン担保証券 (MBS)の購入が債券市場の価格バブルを招く可能性を懸念している とした上で、「われわれは常に分析する必要がある」と指摘した。

原題:Fisher Says Fed Needs to Constantly Assess Impact of Easing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE