アトランタ連銀総裁:FRBバランスシート膨張に正当な懸念

アトランタ連銀のロックハート総裁 は金融当局のバランスシート膨張について「正当な懸念」がみられると 述べた。連邦公開市場委員会(FOMC)は昨年12月、住宅ローン担保 証券(MBS)の購入継続と米国債の追加購入を決定した。

同総裁は17日、規模の大き過ぎるポートフォリオが対象証券の市場 に影響を与えることについて、「長期的には懸念して然るべきだ」と発 言。「長期的な観点ではあるが、見過ごしていいことではない」と付け 加えた。

ロックハート総裁は、バランスシートが膨れ上がるにつれて連邦準 備制度による最終的な刺激策解除が一段と困難になると指摘。解除の時 になれば「秩序立って実行できると全く心配していない」としながら も、「バランスシートが大きければ大きいほど、未知のファクターが増 える」と説明した。

原題:Lockhart Sees Legitimate Concern in Fed’s Growing Balance Sheet(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE