ラガルドIMF専務理事:通貨戦争に強く反対、原則に反する

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は17日、「通貨戦争であれ何であれ、すべての戦争に反対す る」と言明した。

ラガルド専務理事はワシントンのIMF本部で記者会見し、以前に も通貨戦争という概念には強い反対を表明したと述べ、通貨押し下げを 競い合うのは「IMFの原則に反する」と言明した。

原題:IMF’s Lagarde Says She Strongly Objects to Currency War (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE