安倍内閣の円安政策にオバマ政権は報復をー米自動車団体が抗議

米自動車大手のフォード・モーター とゼネラル・モーターズ(GM)、クライスラーを代表する業界団体 「米自動車政策評議会」(AAPC)は、円相場の押し下げを狙った日 本の政策に抗議し、オバマ大統領は報復も辞さない姿勢を明確にするべ きだと訴えた。

AAPCは17日、先月政権に復帰した自民党が対ドルでの円安継続 を容認しており、米自動車の輸出を相対的に割高にしているとの声明を 発表した。

元ミズーリ州知事(共和党)のマット・ブラントAAPC議長はこ の中で、「このような政策は受け入れられないものであり、米国は報復 措置を講じる意思があることを日本政府に明確に示すよう、オバマ政権 に求める」と述べた。

原題:Obama Should Punish Japan for Weak Yen Policy, Car Group Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE