米銀BOA:2012年は1万4601人削減、10-12月に5400人

収益力向上に向け80億ドル(約7150 億円)の経費節減を計画している米銀バンク・オブ・アメリカ (BOA)は昨年、従業員を1万4601人減らした。

削減数は全従業員の5%相当だった。10-12月(第4四半期)は 約5400人を減らした。同行が17日ウェブサイトに掲載した資料による と、従業員数は26万7190人となった。第4四半期の人員削減は1年ぶり の大きさだった。昨年10月には四半期当たり3000人前後の削減計画を示 していた。

人員減のうちほぼ3000人は、LASと呼ばれるレガシー資産・サー ビシング部門で実施された。同部門は返済が滞っている住宅ローンと差 し押さえを扱う。ブライアン・T・モイニハン最高経営責任者 (CEO)はコスト削減の焦点を同事業に絞っている。

同CEOは昨年、削減の「正確なタイミングは明確でないが、7- 9月(第3四半期)に30億ドルだったLAS部門の費用は最終的に は、2008年の早い時期と同等の四半期当たり5億ドル程度に戻るはず だ」と語っていた。

BOAはレガシー資産部門で契約社員6000人も削減し、契約社員数 は1万1000人となった。

原題:Bank of America Cuts 14,600 Employees in 2012 to Reduce Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE